薄毛治療で異性を釘付け【フサフサフェロモン発信中】

薄毛

内服から外用薬まで

AGAについて

男性

AGAとは、男性型脱毛症といい生え際や頭頂部のあたりが脱毛する症状です。多くは、遺伝やホルモンのバランスにより現れるものです。通常、進行はゆっくりでうぶ毛は残った状態です。これは毛包が充分に育たないため、毛の成長サイクルが短くなり毛が太く長く成長していないもので、細く短いためその部分が薄く見えてしまうのです。しかし、毛包があれば治療すれば再び健康な毛が生えてきます。自分でチェックをするには、親戚、家族に薄毛の人がいるかや思春期以降に薄毛になってきたかなどを確認することにより分かります。AGAは進行するので、何もケアせずにいると薄毛の状態がさらに広がります。AGAの進行を防ぐには、早めの治療が必要であり、専門医を受診することが必要です。

治療方法について

AGAの治療法は、内服か外用薬によって経過を見ていきます。内服は、男性ホルモンの生成を抑制させ薄毛、抜け毛を予防します。そして内服の場合はプロペシア錠というものを服用します。プロペシア錠は、決まった量を継続して服用することにより効果を発揮してくれて、大体6ヶ月ぐらいで効果が出てきます。ただ、効果がでてきても継続的に服用が必要です。ただし内服の場合は、男性のみになります。女性の場合、妊娠中や授乳中だと胎児に影響がでてしまうので、絶対に服用しないでください。また、外用薬だとミノキシジルという薬で、この外用薬は、男女とも使用が可能です。効き目は頭頂部の脱毛に効果が高く、1年程度継続的な使用をすることがポイントです。